FC2ブログ
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ランキングに参加してます。クリックをお願いします。↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
にほんブログ村
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

トヨタホーム ユニット講義 第2回 - 組み合わせ方 - 

※今回の記事は、LegaC邸設計当時(シンセ・レゾン/2008年)、
 私が理解した内容を元に記載しております。
 そのため、間違った記載があるかもしれませんが、ご了承下さい。

※記事中の図は、ユニットを上から見た図です。
 黒い線の部分が梁を表し、白抜きの部分(□)が柱を表します。


すっかり、1回目から時間が経ってしまいましたが、
トヨタホームのユニット講義の2回目のテーマは、組み合わせ方について。

前回の講義で説明した28種類のサイズのユニットを組み合わせることにより、
家として完成する訳ですが、その組み合わせ方に、以下のようなルールがあります。

(1) 基本は、同じサイズ、同じ向きで配置
 基本は、同じサイズのユニットが、妻面同士、桁面同士、接するように配置します。

UnitLayout_Basic.png

(2) 異なるサイズのユニットでも、隣同士配置できる
 異なるサイズのユニットでも、隣同士配置することができます。
 但し、片側の柱は揃える必要があります。
 ※このルールは、上下階の配置にも適用されます。
UnitLayout_Differ.png

(3) 2つのユニットをまたぐように配置できない
 1つのユニットが2つのユニットをまたぐような配置はできません。
 ※このルールは、上下階の配置にも適用されます。
UnitLayout_Over.png

(4) ずらして配置することができない
 隣接するユニットの柱の位置はずらさないように配置します。
 ※このルールは、上下階の配置にも適用されます。
UnitLayout_GAP.png

(5) 桁面と妻面で接続できる
 すべての商品で可能なのか、特定商品でのみ可能なのかは、不明ですが、
 サイズさえ合えば、桁面と妻面を接するように配置することができます。

UnitLayout_Direct2.png

 トヨタホームのHPに記載されている参考プランで確認すると、
 ソレストやカーダでは、妻面と桁面が接するような配置のユニットはありませんが、
 LQやカーダ モードでは、妻面と桁面が接するような配置のユニットがあります。

 ちなみに、LegaC邸(レゾン、現ソレスト)の場合、できないと言われました。

(6)ワイドスパン工法により、柱を抜くことができる
 下の図のように4本の柱が集中している箇所の柱を抜くことができます。
 但し、2F、3Fの柱を抜く場合、抜く柱は、下の階と位置を揃える必要があります。
WideSpan.png

(7) ハイユニットは、1Fのみ
 ハイユニットが設定できるのは、1Fのみです。
 2F、3Fでは、ハイユニットは設定することができません。

(8) 商品によって、ユニットの組み方に差異がある
 (5)のルールもそうですが、商品によって、組み合わせ方に、差異があるようです。


以上が、ユニットの組み合わせ方について、私が理解した内容です。

実際には、もっと色々なルールがあると思いますが、基本は、こんな感じです。

次回は、ユニットに係わる、その他のルールについて、説明したいと思います。
スポンサーサイト

↓ ランキングに参加してます。クリックをお願いします。↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
にほんブログ村

テーマ: 家づくりブログ
ジャンル: ライフ

2010.11.17 Wed 21:53
カテゴリ: ユニット工法
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« みかん狩りを楽しむ

冬の寒さの到来に備えて »

コメント


私の場合は後々の外部のメンテナンスのしやすさを重視した為に基本的に下屋がない層2階のほぼ凹凸のない四角形です。

おかげ様でユニット選びは苦労しないプランだったみたいです(笑)

その中でのこだわりは、1階のリビングを広くする為ワイドスパン工法の採用でリビングにあるはずの柱を無くしました。

あと、リビングにつながる和室は2面がリビングと廊下に隣接しているので和室のリビングと廊下側の角の柱を無くしまして、尚且つ和室は必要に応じて障子で区切れる様にしてあります。

そのおかげでキッチン・ダイニング・リビング・和室・廊下を含めて柱や壁の無いワンフロアとして使用できる感じです。

2階のこだわりはロジアの採用です。
屋外に天気を気にせず洗濯物が干せるが良かったです♪

私の間取りですと打ち合わせの時にユニットの組み合わせの話をする機会がなかったのですが、色々とルールがあったのですね。

勉強になります。
【2010/11/17 22:56】
URL | まっちゃん #-[ 編集 ]
まっちゃんさんへ
多分、ユニット工法の場合、まっちゃんさんのお宅のようなプランの方が、正解なのかもしれませんね。

ユニット工法の強みを生かしてると思います。

我が家の場合は、色々、ユニットの組み合わせを考えました。
【2010/11/18 12:39】
URL | LegaC #-[ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://legac.blog46.fc2.com/tb.php/138-0467e192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。