FC2ブログ
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ランキングに参加してます。クリックをお願いします。↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
にほんブログ村
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

トヨタホーム ユニット講義 第5回 - まとめ編 - 

トヨタホームのユニット講義の5回目は、
最終回ということで、私なりにまとめてみたいと思います。

今まで4回に渡り、トヨタホームのユニット工法について、書いてきましたが、
如何でしたでしょうか?

やはりポイントは、ユニットの柱でしょうね。

ワイドスパン工法で一部の柱は抜くことができるとは言え、
やはり柱が間取りに制約を与える可能性が高いので、
その点では、他の工法より融通が利かないと言えます。

ただ、裏を返せば、ユニットの柱さえ、うまくクリアできたら、
後は、自由な訳ですから、その点では、他の工法より優れていると言えます。

つまり、誤解を恐れずに書くとすると、

間取りに関して、他の工法と比較すると、
ユニット工法は、自由度が少ないため、凝った間取りには不向きな反面、
広い空間が取りやすく、大きな窓も設置しやすいので、開放的な間取りに向いている。


と言えるのではないでしょうか。

私の子供の頃は、空間を細かく区切っている家が多かったですが、
最近は、大空間のLDKの家が一般的になってきたので、
そういった意味では、今どきの工法なのかもしれませんね。


という訳で、今回で、トヨタホームのユニット講義は、おしまい。

少しは理解が深まったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

↓ ランキングに参加してます。クリックをお願いします。↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
にほんブログ村

テーマ: 家づくりブログ
ジャンル: ライフ

2010.12.21 Tue 22:13
カテゴリ: ユニット工法
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 23ヶ月無料点検

トヨタホーム ユニット講義 第4回 - 実践編 - »

コメント

ユニット工法
初めましてKOMと言います。
同じユニット工法のセキスイハイムで家を建てました。
工場での品質管理から工期短縮の観点からユニット工法は優れたものだと思ってます。
確かに柱や梁の配置でどうにもならないこと等が出てはきましたが(苦笑)
【2010/12/22 09:33】
URL | KOM #-[ 編集 ]
KOMさんへ
はじめまして、KOMさん。

コメントありがとうございます。

KOMさんはセキスイハイムですかぁ。
同じユニット工法仲間ですね。(笑)

根が理系だからか、「手作りのぬくもり感」などをアピールされるより「統一された工場品質」をアピールされた方が、納得できるんですよね。

その点では、ユニット工法は、とても理にかなっているように思います。
【2010/12/22 13:00】
URL | LegaC #-[ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://legac.blog46.fc2.com/tb.php/149-58814126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。